皆さんはどのようにムダ毛を処理しているのでしょうか?従来のようなカミソリ・毛抜き・ワックスやテープなどのような自己処理では大きなトラブルにつながりやすく、とてもデメリットが多いといえます。症状によっては長く治療を必要とする場合も多いため、今すぐ見直す必要があります。後から困った事態にならないためにも、今一度やり方を見直してみましょうお。

脱毛の基礎知識

ムダ毛の自己処理にはトラブルがたくさん!

更新日:

皆さんはムダ毛の処理、どうしてますか?

最近はサロンやクリニックで脱毛をする方が増えていますが、それでもまだまだ費用や痛みなどを考えると、プロにお願いするのは敷居が高いと考えている方も多く、カミソリ・毛抜き・ワックスなどのような従来通りの自己処理を続けている方も、まだまだたくさんいると考えられます。

確かに従来のやり方は、自宅でいつでもできるし、誰にも見られることないし、何よりお金も安くて簡単です。しかしその一方では、頻繁に生えてくるムダ毛処理でとても面倒だったり、何よりきれいにできないばかりか様々なトラブルが発生しやすく、デメリットがとても多いんです。

できれば、今すぐやめるべきだとお伝えしておきましょう。中にはそれでも大丈夫と思う方もいるでしょうが、実際には多くの方が、長くトラブルに苦しんでいる現状があります。これからそのトラブルについてご紹介していきますので、この機会に自己処理について振り返ってみてはいかがでしょうか?

それぞれの自己処理で起こるデメリットについて

・カミソリ

肌の表面をこするようにしてムダ毛を切るため、カミソリ負けをしやすくなります。また肌の角質を傷つけたり何度も刺激を与えることで、乾燥・炎症・出血・色素沈着による黒ずみなどが起こりやすくなります。さらに皮膚の内側に毛が埋もれてしまうような埋没毛がとても多くなったり、表面に黒いポツポツができやすくなるなど、見た目にもとてもきれいとは言えません。

・毛抜き

毛抜きの場合、毛穴に無理な力がかかるため、組織を傷つけて炎症や痛みを伴う場合があります。また刺激により黒ずみや肌の表面がぶつぶつと盛り上がってしまうといった状態にもなりやすいです。さらに肌の奥に細菌感染が起きやすく、毛嚢炎を引き起こすトラブルに見舞われたり、きれいに処理したように見えても、後から埋没毛や1つの毛根から2本以上が同時に生えるような状態にもなりやすいといえます。

・ワックス・テープ

ワックスやテープは広い範囲を同時に処理することができますが、その分皮膚の表面にかかる負担が大きく、無理に角質層をはがしてしまったり、炎症や痛みを引き起こしやすくなります。また乾燥で肌が荒れやすくなったり、毛穴に負担がかかって毛嚢炎になったり、ほかにも埋没毛や鳥肌のようなぶつぶつが多くなるなど、トラブルが多くなります。特に肌の弱い方には刺激が強すぎるといえるでしょう。

・そのほかの方法

上記以外にも、専用のシェーバーを使用したり、家庭用の脱毛器を使用する方法もありますが、シェーバーも時には肌の表面を傷つけたり、そり残しで黒いぶつぶつになったり埋没毛になりやすいなどのデメリットがあります。また家庭用脱毛器は比較的きれいでトラブルが少ないといいますが、やり方次第では肌に負担がかかって炎症などを引き起こすこともあるため、使用の際は十分注意が必要です。

自己処理によって起きたトラブルごとの解説

・埋没毛

自己処理でとても起きやすいトラブルの1つです。毛穴がふさがってしまい、皮膚の内部で毛が伸びてしまう状態です。毛のサイクルで自然に排泄される場合もありますが、見た目にも悪く、時には中で炎症を起こすような毛嚢炎へと移行する場合もあります。しかし毛抜きなどで無理に奥から引き抜くことはとても危険なので絶対にやめましょう。

・毛嚢炎

皮膚が湿った状態など、不衛生な環境で自己処理を行った時に起きやすいトラブルです。見た目は赤くニキビのような感じにも見えますが、毛穴の内部に細菌が入り込んで炎症を引き起こします。放置すると悪化してさらに化膿してしまったり、しこりとなって跡が残る場合もあります。痛みを伴うこともありますので、できるだけ放置せずに皮膚科で正しい処置をするとよいでしょう。

・肌荒れ・炎症・かゆみ・乾燥など

肌の表面が傷つけられたことで起こりやすくなります。処理の際には専用のシェービングクリームやワセリンなどを用いることは当然ですが、それでも肌には刺激が多いといえます。処理後は刺激の少ない保湿を十分に行うなど、アフターケアに気を付けましょう。炎症や乾燥がひどい場合、放っておくと後で毛嚢炎などのトラブルに発展することもありますから、自己判断せずに皮膚科を受診するとよいでしょう。

・黒ずみ

→肌が常に刺激を受けることで、ターンオーバーが乱れて色素沈着を起こしやすくなった状態です。専用の対策クリームを使用するか、もしくは皮膚科を受診するのもおすすめです。自己処理を続けるとさらに増える可能性もあります。

これらはすべて自己処理で起こりやすいトラブルの一例ですが、これ以外にもデメリットが非常に多いといえます。このまま続けていれば、今は大丈夫でも後々どんな状態になるかのか常に不安だといえます。

まとめ

おわかりいただけたでしょうか?

ムダ毛の自己処理は、どの方法であっても常にリスクが多く、いつトラブルに見舞われないとも限りません。このまま一生続けていたら、いつか取り返しのつかないような事態になってしまうかもしれません。

そうなって長く治療を必要とする、なんてことにならないように、今すぐ自己処理について見直してみてはいかがでしょうか?

どうしてもサロンやクリニックに行くのは抵抗があるという方は、最新の家庭用脱毛器などのように、トラブルを最小限にできる方法もありますので、是非いろいろと検討してみてはいかがでしょうか?

  • 脱毛はどの部位が人気なの?人気部位をランキングでご紹介
  • -脱毛の基礎知識

    Copyright© 女子必見!全国おすすめ人気全身脱毛サロン|口コミ比較サイト , 2018 All Rights Reserved.